エニタイムフィットネスとは?現会員が解説するメリットとデメリット、料金・設備

エニタイムフィットネスとはいつでも、どこでも、何度でも利用できるコンビニのような24時間営業のフィットネスジムです。

とはいっても、エニタイムフィットネスを利用したことがない人にとっては「エニタイムフィットネスって実際にどういうジムなの?」という疑問がありますよね。

この記事では、実際にエニタイムフィットネスを利用している管理人が解説・紹介します。

そもそもフィットネスクラブって何?という方は、▽「フィットネスジムって何?会員ジム・プライベートジム・24時間ジムを解説します」をご参照ください。

エニタイムフィットネスとは

まるでコンビニのようなジム

写真引用:クラブの特長|エニタイムフィットネス

記事冒頭でも述べましたが、エニタイムフィットネスとはいつでも、どこでも、何度でも利用できる24時間営業のフィットネスジムです。

そして世界中に4000店舗以上、日本国内で400店舗以上の店舗数を誇る米国NO.1のフィットネスクラブ・フランチャイズでもあります。

エニタイムフィットネスが掲げるコンセプトは具体的に4つあります

  1. 24時間年中無休
  2. ナットクの低月会費
  3. ジム特化型
  4. 全店利用可能

24時間年中無休であるため昼夜関係なくいつでも好きなときにトレーニングができますし、マシンジム特化型なので会員制クラブ(スポーツクラブ)に比べて月額会費が抑えめです。

そして何よりも魅力的なのが特別な手続きが不要で全店舗の利用ができます。家の近くでも、職場の近くでも、旅行先でもエニタイムフィットネスを利用することができるでしょう。

▽宣伝用チラシ

*チラシの表記は2016年の情報です

店舗によって設備などが異なる

エニタイムフィットネスはフランチャイズ経営で、エニタイムフィットネス社が直接経営・管理するわけではないので、実質的には店舗によって設備等の特色が異なります

ただし、店舗ごとに設備等の特色がことなるのはフィットネスジム全般に言えることで、格別エニタイムフィットネスに限ったことでありません。

大手フィットネスクラブであるティップネス、セントラルジム、コナミフィットネスクラブも地域や店舗によって設備とサービスの質、料金が異なります。

一概にエニタイムフィットネスと言っても日本だけでも400店舗以上ありますので、地域や店舗ごとに設備、サービスの質、料金が異なってくるわけです。

エニタイムフィットネスの7つのメリット

エニタイムフィットネス解説

ただ、どの店舗でも共通していることがあります 。それが以下の項目。

  1. 24時間年中無休
  2. 登録店舗以外も利用できる
  3. 最新クラスのマシン特化型
  4. 使い放題なのに低価格
  5. 安心安全なセキュリティシステム
  6. シューズの履き替え不要
  7. シャワー室と更衣室は個室

これらの項目がエニタイムフィットネスに通うメリットでもあります。

それでは詳しく解説していきます

年中無休!日本全国で400店舗以上のすべての店舗を利用できる

店舗数は日本国内だけで全国400店舗を突破し全世界で4000店舗以上と膨大な店舗数を有しております。

エニタイムフィットネスはどれも契約した店舗以外も利用することができます。

ただし、他の店舗を利用する場合は会員登録をしてから31日経過が必要になりますのでご注意を。

入会してしまえば、手続きは不要でどの店舗でも利用できますので、仕事のある日は職場近くの店舗を利用して、休日は家の近くの店舗を利用するといった使い方もできます。

好きなときに好きなだけトレーニングができるのは嬉しいですね。

月額会費が安い!スポーツクラブの約半額で利用が可能

エニタイムフィットネスの一番の魅力はその月額会費の安さにあります。

私の住んでいる福岡では6800円+税で利用が可能です。

しかも、支払う料金は月額会費のみで、追加料金はかかりませんし、他店舗を利用するのにも手続きは不要です。追加料金が発生するケースとしては鍵付きロッカーを別途契約した場合の。

私は福岡に在住していますので、福岡のフィットネスジムの料金を比較してみました。

ゴールドジム 月額9500円+税
コナミスポーツクラブ 月額13500円+税
JOYFIT24 月額6999円+税
エニタイムフィットネス 月額6800円+税
と最も安い料金で設備を利用できます。

各価格は以下の条件で比べております。

  • ゴールドジムの博多店は1店舗の利用限定、24時間利用可能の状態で月額9500円+税
  • コナミスポーツクラブ福岡天神店は、1か月間利用し放題プランで月額13500円+税
  • JOYFIT24博多駅東店は、全国のJOYFIT24が使い放題のナショナルプランで月額6999円+税
  • エニタイムフィットネス博多駅南店は、6800円+税

もっとも、JOYFIT24もマシン特化型で月額料金が安いため、JOYFIT24とエニタイムフィットネスのどちらかで悩まれているのであれば、通いやすさ、店舗の雰囲気、設備、利用目的で決めるのがいいでしょう。

JOYFIT24(ジョイフィット24)は、女性専用エリアを設けている店舗もあり、女性ユーザーに配慮したサービスを提供しているので、女性の方に特におすすめです。

▽24時間ジムの比較については「24時間ジムの比較|エニタイムフィットネスジム、ジョイフィット24、ファストジム24は何が違うの?|エニタイムフィットネス・ナビ 」を参照してください

最新クラスのマシン設備に特化している

エニタイムフィットネスは月額利用料金が非常に安いため、もしかしたら質が悪いのでは?と思われるかもしれません。

そうではありません。

たしかにその他大手フィットネスジムにあるようなプールや温泉、サウナ、スタジオなどの設備はございません。ゴールドジムのような研修を受けトレーニング知識に精通したスタッフが常駐しているわけでもありません。

しかし、設備に関しては最新クラスの自社ロゴ入りマシンをどの店舗にも設置しております

値段が安い理由は、質が悪いのでなくて、トレーニングマシンに特化しているから。

(トレーニングマシンとは、ウエイトトレーニングをするマシン、有酸素運動のトレッドミル、バイクなどを指します)

エニタイムフィットネスは最新クラスが設置されているので効率よく体を鍛えられます

マシンに関しては詳しくは「エニタイムフィットネスのマシンとその使い方」をご参照ください。

さらにフリーウェイト設備もあるため、ダンベル、バーベル、ケーブルマシンなどもおいております。

ただ、これらの設備の充実具合も店舗によってことなるので、フリーウェイトコーナーが充実している店舗もあれば、トレッドミルなどの有酸素系マシンが充実している店舗もあったりと様々です。

▽ストレッチコーナーもあります

エニタイムフィットネス ストレッチ

▽ストレッチポールや腹筋ローラー(アブローラー)などのグッズも揃っております

これらの設備は店舗ごとに異なるので実際に見学に行くとよいでしょう。

>>見学の予約方法と実際に管理人が見学に行った感想は「エニタイムフィットネスの【見学】の予約方法と実際に行ってみた感想|エニタイムフィットネス・ナビ 」を参照してください

また、店舗ごとのページでWEB見学ができるので雰囲気はつかめます。

安心安全なセキュリティシステムで自宅より安全

アメリカでは自宅より安全と評価されるほどのエニタイムフィットネスのセキュリティシステム。

  • 専用セキュリティキーで開錠するためメンバー以外の入館はできません
  • 店舗内に20台以上のセキュリティカメラを死角を作らないよう配置
  • セキュリティーキーで入退出記録が管理されます
  • 緊急呼出ボタン設置しているため、万が一の緊急事態でも警備会社が現場へ急行します

と防犯対策はバッチリです。

▽紫色のセキュリティーキーを使って入退出をします。エニタイムフィットネスのセキュリティーキー

エニタイムフィットネスはセキュリティの高い安全性もあって米国の有力誌の「アントレプレナー」で、グローバルフランチャイズ第一位に選べれており、カテゴリー別では6年連続一位を受賞しております。

その他の受賞歴は公式サイトの「franchise info」を参照ください。

シューズの履き替えが不要なので、そのまま

普通のフィットネスクラブでは、施設を利用するときには室内用シューズに履き替える必要がありますが、エニタイムフィットネスは運動に適したシューズであれば外履きのまま施設を利用できます。

完全個室のシャワー室・鍵付きロッカー

もちろんシャワー室も完備。こちらも鍵付きの個室です。

シャンプー・ボディーソープ、タオルはありません。貸出もありませんのでご注意を。

▽ビジネスホテルのシャワー室のような設備です。

▽ドライヤーはあります。基本的にパナソニック社のこのドライヤーであることが多いです。

そして更衣室は基本的に個室で鍵付きです。周りの目を気にしなくていいですね。

施設内がキレイ

エニタイムは施設内がキレイです。マシンを使ったあとはアルコールウェットシートで拭くマナーがありますのでマシンはいつもキレイです。

空調と空気清浄機が設置されており、シャワーもトイレもキレイで利用していて不快に思ったことはありません。スタッフさんの清掃が徹底されているのが伺えますね。

もっとも、衛生面も店舗によると思うので見学をして確認をされることをおすすめします。管理人は10店舗以上のエニタイムフィットネスに訪れましたがどこの店舗もキレイでした。

エニタイムフィットネスの月額料金

まず、一番重要な利用料金。エニタイムフィットネスは、最も使用頻度が高い店舗が所属店舗となります。

エニタイムフィットネス 月額会費

そして所属店舗の月額料金が毎月銀行口座から引き落とされる仕組みとなっています。

店舗ごとに異なる設備

それが以下です。

  • タンニングマシン(10分500円くらいが相場)
  • ウォーターサーバー、水素水サーバー
  • パーソナルトレーニング
  • Wi-Fiの有無

エニタイムフィットネスの店舗ページを表示すれば、どの設備があるかないかがアイコンで表記されていますので確認すると良いでしょう。

店舗ページへの公式サイト「店舗を探す|エニタイムフィットネス」から店舗名を検索すればたどり着きます。

エニタイムフィットネスのデメリット

エニタイムフィットネスを含めマシン特化型24時間ジムのデメリットは、

  • スタッフがアルバイトであることが多いためトレーンング等の専門知識を有していない場合がある
  • プールやスタジオといったスポーツクラブの施設がない
  • 1人で黙々とトレーニングしなければいけない

スタッフは基本的にアルバイトであるため、専門知識を有していない場合が多いです。店舗によっては、パーソナルトレーニング有資格者であったり、トレーニング知識に精通したスタッフさんもいますが、やはり店舗ごとにことなります。

基本的にスタッフさんはこちらに干渉してきません。「マシンの使い方を教えてほしい」「トレーニングメニューを組んでほしい」「トレーニングんサポートをしてほしい」というようにこちらから働きかければ、対応してくれます

「トレーニング方法があっているかどうかわからない」「自分ひとりではモチベーションが続かない」といった方は、パーソナルトレーニングのオプションを付けるといいでしょう。

ジム内で話す人はほとんどいなく、皆黙々と自分のトレーニングをするため、ジム内での交流は基本的にはありません。交友関係を増やしたいといった目的には適しません

よくある質問

Q.ロッカーはあるの?

A.ロッカーは2種類あります。開放型のロッカーと鍵付きのロッカーです。

▽開放型ロッカーは無料で利用できます。

エニタイムフィットネス ロッカー

▽スペース的は十分広く収納に困ったことはありません。

▽あとは月額1080円で利用できる有料ロッカーがあります。

開放型ロッカーの半分くらいのスペースです。シューズやお風呂場用品、プロテイン、タオルいれればスペースが埋まります。

Q.Wi-Fiはつかえるか?

基本的にどの店舗でも時間制限無しの高速Wi-Fiが利用できます。エニタイムフィットネス Wi-Fi

一部店舗では実装していないところもありますが、管理人は10店舗以上通っていますがWi-Fiの使えない店舗に出会ったことは1店舗しかありません。

▽Wi-Fiがあるかどうかは店舗ページで確認

Wi-Fiがあると動画を見ながらストレッチや、映画をみながらトレッドミルで走るといった使い方ができますね。

ただし、どの場所にいても高速というわけではなくて、基本的にロビーから遠ざかると遅くなります。これも店舗によりますね。

Q .どのメーカーのマシンが設置してるか?

こちらも店舗ページにて確認します。

Q.マシンの使い方の指導、トレーニングメニュー作成はしてくれるか?

基本的に、マシンの使い方はどの店舗でもスタッフが滞在している時間であればおしえてくれます。

また、マシンに利用方法の紙が設置されていますので、使い方にこまることは無いと思います。

エニタイムフィットネス マシン 使い方

筋肉に効かせるコツに関しては「マシン名 使い方」「マシン名 コツ」でYouTubeを探せばいくらでも出てくるので検索すると良いでしょう。

≫エニタイムフィットネスに設置してある代表的なマシンと使い方に関しては詳しくは「エニタイムフィットネスのマシンとその使い方」をご参照ください。

また、ほとんどの店舗では、あなたの目的にあったトレーニングメニューの作成もしてくれます。

エニタイムフィットネス プログラム メニュー

ただし、予約が必要になりますのでご注意を。

また、トレーニングメニューに関してはどの店舗にも目的別メニューがあります。

エニタイムフィットネス メニュー

筋肉増量目的であれば、ビッグスリーと言われる大きな筋肉を中心に鍛えるメニューが組まれてますし、シェイプアップであれば筋トレ後の有酸素運動のメニューが組まれています。

▽店舗ごとに、個別のメニューを作成している場合もあります。

エニタイムフィットネス メニュー

Q.電源は使えるのか?

A.つかえません

コンセントはありますがどれも電源禁止であることが通常です。

Q.フリーウェイトコーナーのダンベルは何キロまである?

A.基本的に30キロまではある

何店舗かで調べましたが基本的に30キロまでダンベルがありますが、ネットの口コミを見ていると20キロまでしかない店舗もあれば、50キロまである店舗もあるようです。

休会・退会・再入会の方法は違約金はかかるのか?

手続きは簡単ですし、違約金もかかりません

ただ、所定の期間内に手続きをしなければ利用しないつもりでも月額会費が発生してしまうのでご注意を。

詳しくは「エニタイムフィットネスジムを休会・退会・再入会する方法|エニタイムフィットネス・ナビ」をご参照ください。

エニタイムフィットネスに興味が出てきたら見学に行こう

基本的には、どの店舗も一定の設備は完備されておりますが、はやり見学に行くのは必須です。

実際に見学に行って以下の項目を満たしているかを確認すると良いでしょう。

  1. 通いやすいか
  2. 料金
  3. マシン設備
  4. 利用目的
  5. 水回りと衛生面
  6. 店内とスタッフの雰囲気